夜勤勤務でも健康にいるためには

夜勤は昼と夜が逆転をした生活パターンとなるので、体内のリズムが乱れやすくなります。生活のパターンがつかめるまでは、疲労回復が難しくなっていき、最悪の場合は健康にまで被害を及ぼす可能性があります。(参考サイトはこちら
そんな夜間の勤務の多い看護師は、いつ睡眠をとっているのか疑問に持つ人が多いようです。睡眠は疲労回復にとても重要な要素となるので、体調管理を行う際には自分にベストとなる睡眠時間を見つける事がポイントになります。看護師の中でも家族と同居している女性の場合、家族に合わせた生活になるため、なかなかタイミングを合わせる事が難しいといった人も多いのではないでしょうか。しかし、このようなケースの場合でも、しっかりと休養をとる事は重要になってきます。
また夜勤になると、食事のタイミングも通常の時とは異なってきてしまいます。そのため、どうしても食事の回数や食事の量が増えてしまう傾向にあるのです。このような場合は、夜間の勤務の時は出来るだけ軽めの食事を心掛けて、通常の勤務の時にそのバランスを補うといった工夫をしてみましょう。反対に夜間の勤務のときにはがっつりと食べて、通常の勤務の時には軽めの食事をしている人もいるようです。
どちらにしてもバランス良く食べる事がとても重要となります。看護師は、自分の体調を管理しているつもりでも限界までまだ大丈夫と思って働いている人が多いようです。そのため十分な睡眠とバランスの取れた食事を常に心掛けて、休日の日にはしっかりとリフレッシュする事を心がけましょう。