看護師は体調管理が難しい

女性は、健康的な生活をしていなければ体に異常をきたしてしまう可能性があります。
毎日規則正しい生活を送っていなければ肌も荒れますし、生理不順など深刻な症状を巻き起こしてしまうかもしれません。生理のない男性に比べて繊細な扱いを要する体なわけですから、看護師として働く際もその点には注意が必要となります。
健康的な生活を送るために最もいい方法は、夜勤や残業を全く入れないことです。これなら生活リズムが崩れる心配はないでしょう。病院によっては、常駐のスタッフにはそうした仕事を回さないところもあるようです。夜間専門のスタッフを別に雇って、夜はその人たちに完全に任せてしまうシステムを確立しているところもあるようです。こうした病院なら、女性でも働きやすいことでしょう。
ただ、そうしたシステムを持っている病院は大病院に限られます。たいていの病院なら、定期的に夜勤の順番が回ってくるのが普通です。代わりをお願いすることも不可能ではありませんが、スタッフが不足をしていると頼もうと思っても頼めないケースが出てきます。
夜勤は、一回入るだけでも一気に生活のリズムが崩れるものなので、特別な対処方法を考えておかなければいけません。大切なのは、体内時計を狂わせないことです。仕事の翌日は眠くても我慢をして、きちんと夜まで寝ないでおくことが体内時計を維持する唯一の方法になります。カフェインや仮眠で、体内時計を維持したままで翌日の夜を迎えられれば、生活リズムが狂うことも少なくなります。